実績紹介

2017年4月 血液の消毒及び清掃

●血液の清掃及び消毒

あるご家庭にて、吐血されて倒れられて、その後救急車で搬送されたということです。幸い命に別状はなかったのですが、吐血によって室内にに血液が飛び散ったということで、消毒と血液の清掃を行いました。現場はフローリングとクロスでしたが、両方ともきれいにすることができました。(今回はビニール系のクロスだったので、よかったですが、紙系のクロスは染みが残ってしまう場合もあります。)基本的に洗浄する際は、水よりもお湯の方がきれいになります。洗濯をする際も、ぬるま湯を使ったりしますよね。しかし、血液汚れの場合はお湯を使ってはいけません。血液は水に溶けやすいのですが、お湯を使うとタンパク質が凝固して汚れがとれなくなります。皆さんも血液汚れを落とす場合は木をつけてください。ちなみに、少しの血液汚れであればいいですが、大量の場合は危険性もありますので、ご自身でやられるのはあまりお勧めできません。

2016年10月 感染症後の消毒

  •   2016年10月27日

●感染症後の消毒

肝炎の疑いのある方が亡くなられたお部屋の消毒に伺いました。その方は、生活保護受給者で身寄りのない方。お部屋で体調を悪くして、亡くなられてしまったそうです。幸い発見は早かったのですが、現場には喀血の跡や、血便の跡が残っておりました。依頼者は大家様で、病状・死因などは知らせてもらえなかったそうです。しかし、室内の状況から判断して、肝炎キャリアであった可能性も高く、部屋の中を消毒させて頂きました。こういった場合にうかつに自分で清掃してしまうと、肝炎に感染してしまう危険性もあります。ちょっとだからと油断せずに、専門業者のご依頼をされるのが賢明な判断だと思います。お金を惜しんだために、病気になっては元も子もありません。

1 2