実績紹介

2019年3月 火災臭の消臭

●火災臭の消臭

ようやく気温も暖かくなってきて春の訪れが近づいてきました。冬場に怖いのはやはり火事ですよね。最近でも何件も火事のニュースが報じられていました。皆さんも暖房器具の取り扱いにはくれぐれ注意して火事を起こさないようにしてください。

さて、火事が起こった後に問題になるのは焼けた家財道具の処分に焼けた家屋の復旧だけではありません。実際に火事の現場にいかないとわかりづらいかもしれませんが、火事の跡のニオイというのは強烈なものがあります。人間の危険予測の観点から、焦げ臭というのは生理的に嫌悪をもよおすようになっているからです。今回も火災現場の消臭に行ってきました。といってもその家は燃えたわけではなく、火事が起こった家からの煙が家に入って家に焦げ臭がついてしまったということでした。幸い(かどうかはわかりませんが)化学製品が燃えた黒い煙ではなかったため、煤は殆どついてない状態でした。とはいえ煙ですので、いたるところにニオイがついて大変わけですが。ちなみに化学製品などが燃えた場合の煙のニオイは特段消臭が難しくなりますし、換気して放っておいてもなかなかなくなるものでもありません。やはり、火事は起こさないようにするのが一番ですね。

2018年2月 ゴミ屋敷の消臭

●ゴミ屋敷の消臭

近年問題になっているゴミ屋敷ですが、先日はすさまじく臭っているゴミ屋敷の消臭を行ってきました。ゴミ等は全て撤去された後の部屋だったのですが、そのゴミが生ゴミだったために、室内の床面は、生ゴミの汁跡まみれで、部屋の中は生ゴミによる独特の腐敗臭が充満していました。依頼は管理会社からだったので、前の居住者さんについては何も知らないのですが、よくこの部屋で生活して平気だったなとか、仕事に行く際とか、ご自分の臭い(おそらく服等に臭いはついていたと思います。)はどうやってごまかしていたんだろうと気になってしまいました。(本人は住んでいたので、臭いがわからなくなっていた可能性もありますが。)床面等を解体して、生ゴミの汁が染み込んだ箇所は取り除いて、その後に部屋全体の消臭作業を行いました。ゴミ屋敷にするのはいいことではないですが、せめて生ゴミや、食品の残り(弁当カスや飲料の残り)ぐらいはきちんと処理してほしいものです。

1 2 3 4 5 7