実績紹介

2018年1月 ゴミ屋敷の害虫駆除

●ゴミ屋敷の害虫駆除

近頃、なにかと話題になるゴミ屋敷の問題があります。認知症や精神的な疾患といった要素からゴミ屋敷になるケースも多いですが、中には一見普通に見えてゴミ屋敷といったケースもあります。こういった人は、片付けが苦手、ズボラといった性格的な問題でゴミが溜まってしまって、そこから抜け出せないといったことになってしまいます。このようなケースは一度片付けてしまえば、直るケースもありますが、たいていの場合はリバウンドしてしまう傾向にあります。この点は太りやすい人が、ダイエットするのと似ているのかもしれません。

ちなみにゴミ屋敷で問題なのは、ゴミの撤去だけではありません。長年のゴミの堆積によって、ゴキブリやコバエ等など害虫が数多く発生してしまうことです。ひどい場合には、コクゾウやカツオブシ虫、ハエ、アブなども発生してしまいます。また。当該住宅だけでなく、近隣の住戸にもゴキブリの被害は及んでしまいます。以前、私が住んでいたマンションでゴキブリが急に大量発生するようになったのですが、管理会社にといあわせると、そういう疑いのある住戸があったそうです。

先日も、ゴミ屋敷のゴミを撤去したので、害虫の駆除を依頼され、家のハウスクリーニング(汚い環境だとまた害虫が発生するので、綺麗な環境にすることが肝心です。)と害虫駆除を行ってきました。リバウンドすることなく、普通の生活に戻られるといいですね。

2017年9月 ゴミ屋敷の害虫駆除及び消臭

●ゴミ屋敷の害虫駆除及び消臭

ゴミ屋敷というのがありますが、先日行った家はそこで犬を飼ってらしていたとのことです。もうゴミは撤去されていたのですが、そこら中にゴミの跡や犬の毛が残っていて衛生的に非常に悪い状況でした。ノミ・ダニの危険性があるので、防護服を着て入ったのですが、やはり後から、手がかゆくなってきました。こういったゴミ屋敷の場合、ノミ・ダニ・ゴキブリが発生しているので要注意です。また、生ゴミなどの食品のゴミの場合は、アブやニクバエなども発生しますので、更に注意が必要です。

臭いは、いたるところに獣臭とゴミのニオイがついている状況でした。こうなってくると、ある程度まで内装仕上げ材を解体しないことにはニオイがとれません。クロスをめくり、床材をめくり、酷いところは、石膏ボードもめくったうえで、全体的に消臭作業を行いました。

賃貸などの場合、こういった件で原状回復をめぐって、裁判になることが時たまありますのでご注意ください。

1 2