実績紹介

2019年3月 臭気測定 

●臭気測定

段々と暖かくなってきました。暖かくなってくるとニオイは感じやすくなる傾向にあります。臭気というのは、鼻が感じるものですが、脳も影響してきます。個人差も大きいです。音などのように㏈(デシベル)といったわかりやすい単位もありません。現状、臭気をわかる形にしようとすると濃度を測定して、濃度で表す方法があります。しかし、この方法だと、個別の臭気(アンモニアやトルエンみたいな)の濃度しか測定できませんので、複合臭には対応できません。複合臭に対応するには、臭気指数を測定する方法があります。ただし、どちらもかなりの費用がかかってきます。臭気センサーを活用する方法もありますが、全ての臭気に対して反応してしまう(いいニオイも悪いニオイも)という欠点があります。弊社では、濃度測定・臭気指数測定・臭気センサー・臭気判定士の嗅覚を用いて、最適な形で臭気の測定を行っております。裁判や近隣トラブル、顧客クレームなどで、臭気の測定が必要な場合はお気軽にご相談下さい。

2019年2月 シックハウス測定

●シックハウス測定

シックハウス症候群という言葉も皆さん、かなり知られるようになってきたのではないでしょうか。厚生労働省では一昨年から、規制物質の強化に向けて動いていました。新物質の新規規定は見送られるようですが、キシレンなどの3物質は規制強化される方向のようです。新築やリフォームの際に、使用場所の用途が保育園や幼稚園、学校、医療機関などの場合には、使用前に室内の空気環境を測定する必要がある場合がございます。今回、リフォームして保育園として使用されるということで、使用前にホルムアルデヒド等の測定を行い、行政の方へ報告を行うということで、測定を行ってきました。数値は全て基準値以下で問題無くいきました。シックハウスの測定もお任せください。

1 2 3 4 5