実績紹介

2019年4月 ネズミの調査

●ネズミの調査

暖かくなってきました。暖かくなってくると、害虫も害獣も活動が活発になってきます。家で発生する害獣といえば、ネズミです。特に飲食店舗や飲食店舗がはいっているテナントビルなどでは、ネズミの発生の確率が高くなります。今回は、ネズミの発生がないか調査してほしいとの依頼でした。点検口や床下を見て、ラットサイン(糞や尿の跡、汚れ等)がないかを確認して、念のため、トラップを設置して、1週間様子をみることにしました。ラットサインはなかったので、大丈夫とは思いましたが、1週間後に確認してみると、トラップにも引っかかっておらず、依頼主様の杞憂で終わりました。一安心といったところです。臭気調査にでかけた際もこれまでネズミの死骸が原因といったことが複数回ありました。ニオイでネズミの死骸が原因ということはわかるんですが、なにせ小さいうえに、隠れた場所にいるので発見は困難を極めます。今回はネズミがいなくてよかったですが、いた場合には毒餌などで駆除したり、忌避剤をまいたりと方法はありますが、基本は侵入口を塞ぐのが一番です。とはいえ、古い建物などになると図面もないですし、侵入口を見つけること自体が非常に困難なわけですが。ネズミに困った際はご相談下さい。

2019年4月 血液清掃・消毒

●血液清掃・消毒

先日、兵庫県内にて、血液の清掃及び消毒作業を行ってきました。詳細についてはあまり書けませんが、強盗に入られて、殴られて壁1面に血液が散ってしまったようです。不幸中の幸いですが、殴られたかたは比較的軽傷とのことでよかったです。かなり広範囲に血しぶきが飛び散っていましたので、かなり大変な作業でしたが、綺麗に血痕を除去して、消毒を行って、元通りにすることができました。

今は、刑事ドラマなども多くなってきましたし(安定的に視聴率がとれるんでしょうね)、また元刑事の方が監修で入られることが多くなっていますので(踊る大捜査線での警察監修などが好評だった影響だと思われます)、昔の刑事ドラマと比べてとんでもないウソはなくなってきています。時代背景が違うといえばそうなのですが、「西部警察」や「あぶない刑事」など今ではありえないような刑事ドラマですからね。話は脱線しましたが、よく刑事ドラマで事件現場が再生されていますが、昔はそういった現場を知りませんでしたので、リアルだなと思っていましたが、今こうして事件現場をみる機会が多くなると現実との違いがよくわかります。演出などもあるでしょうが、現職の警察官の方や元警察官の方がみられるとおかしなところは多いんでしょうね。あるあるとして語られているかもしれません。

綺麗になることで、被害者の方の心痛が少しでも軽くなればいいなと思いながら作業しております。

1 2 3 4 5 22