実績紹介

2017年9月 ゴミ屋敷の害虫駆除及び消臭

●ゴミ屋敷の害虫駆除及び消臭

ゴミ屋敷というのがありますが、先日行った家はそこで犬を飼ってらしていたとのことです。もうゴミは撤去されていたのですが、そこら中にゴミの跡や犬の毛が残っていて衛生的に非常に悪い状況でした。ノミ・ダニの危険性があるので、防護服を着て入ったのですが、やはり後から、手がかゆくなってきました。こういったゴミ屋敷の場合、ノミ・ダニ・ゴキブリが発生しているので要注意です。また、生ゴミなどの食品のゴミの場合は、アブやニクバエなども発生しますので、更に注意が必要です。

臭いは、いたるところに獣臭とゴミのニオイがついている状況でした。こうなってくると、ある程度まで内装仕上げ材を解体しないことにはニオイがとれません。クロスをめくり、床材をめくり、酷いところは、石膏ボードもめくったうえで、全体的に消臭作業を行いました。

賃貸などの場合、こういった件で原状回復をめぐって、裁判になることが時たまありますのでご注意ください。

2017年6月 ゴミ部屋の害虫駆除

●ゴミ部屋の害虫駆除

ゴミ部屋になってしまった場合の問題点として、ニオイの問題と害虫の問題があります。基本的には、まずゴミを撤去しないとはじまらない問題なのですが。ニオイの問題として生ゴミ等による腐敗臭がおおきな問題となります。害虫としては、まずゴキブリの繁殖、そしてコバエ等の発生が問題になります。対処方法としては、まずゴミを撤去する→部屋を徹底的に綺麗にする。ここから始まります。害虫駆除の作業、消臭の作業はそこからです。しかし事情によって、それができない場合もあります。動産物所有者(ゴミでも部屋内にある以上、その人の所有物になるので、勝手に捨てるのはかなり難しいです。)の了解を得ない場合、まずはゴミの撤去ができません。今回はそうしたお宅で、更にゆくゆくは全て処分する予定ということで、強い薬剤で室内を燻蒸しました。しばらくは、このまま放置しないといけない事情があるので、ご近隣に迷惑がかからないように、一時的に処置する必要がありました。ケースに応じて、殺虫の方法も色々ありますので、まずはご相談ください。

1 2 3 4 5 12