実績紹介

2017年 2月 臭気調査

●臭気調査

ある飲食店でのことですが、数日前から異臭がするようになったということです。何かが腐ったようなニオイがするということなので、何かの死骸がある可能性を伝えました。しかし、お店の人がいくら探しても見つからないということですので、臭気判定士がお伺いして調査することになりました。お店に入って、この辺が臭うというところに行きますと、確かに悪臭がします。間違いなく死骸臭です。(経験のあるニオイですので、臭気判定士にはすぐわかります。)しかし、色々探しても見つかりません。そこで、コンセントの差込口を何か所か臭ってみて、明らかなニオイがあるところを発見しました。おそらく壁の隙間にいるものと思われます。そこで、一部を解体して、スコープを挿入すると、ネズミの死骸を発見できました。必要最低限の部分を解体して、死骸を除去しました。その後、消臭のご提案をさせて頂き、ネズミの侵入経路調査、ネズミの侵入経路封鎖のご提案も併せてさせて頂きました。後日、全てお任せしますということで、消臭及びネズミ防除の作業をさせて頂きました。飲食店にとって、衛生の問題と悪臭の問題は致命的です。弊社では、衛生問題の解決(菌やウイルスなどの殺菌、通常清掃、害虫の防除)悪臭の解決(臭気の調査、消臭、グリーストラップ・排水管の洗浄)すべてトータルでご対応できます。お悩みの場合はすべてお任せください。

 

2017年 1月 血液清掃及び消毒

●血液清掃及び消毒

年末年始にかけてお酒をよく飲まれたという方は多いのではないでしょうか。お酒のトラブルで時たまあるのが、転んで大出血してしまったというものです。お酒を飲んで判断力が低下してしまったために、本来すぐ病院に行けばいいのに遅れてしまった。入浴などして血行が良くなって再出血など、意外と大量出血につながってしまう場合があります。この場合、血液ですので消毒の必要性があるということ、間違った清掃の仕方をしてしまうと、汚れが余計にとれなくなってしむまうという2点のことに気をつける必要性があります。血液中にはタンパク質が含まれますので、これを変質させてしまうと汚れがとれなくなってしまいます。また、親族の方であれば疾病のことを知らされていると思いますので、感染の危険性は低いと思われますが、情報が少ない場合には、血液中にどんな危険性がひそんでいるか全くわかりません。そういった中で無防備に血液に触れることは大変な危険が伴います。

今回、家の庭で転んでしまって、そのまま屋内に入って、洗面所で洗ってしまったことにより、より出血がひどくなって(入院されたとのことです。)家の中に血液跡が多くなってしまったということで、消毒及び清掃をさせて頂きました。

今回のように怪我であればいいのですが、中には自殺のようなケースで家中血だらけということもあります。痛ましい現場ですが、そういった場合の清掃及び消毒も承っております。ご相談はいつでもお受けしております。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 12