ブログ

イエメンにてコレラ流行

●イエメンにてコレラ流行

ブログお読みいただきありがとうございます。消臭・消毒のクリーナーズスタッフ横山です。

イエメンにおいてこれらが流行しているそうです。相次ぐ内戦によって国は疲弊しており、最貧国の中の一つにもなっています。衛生状態の悪さ、食糧難による住民の方々の体力の低下など、感染症の流行がおこる条件が整っており、国の状態が改善しないと、悪化に歯止めはかからなそうです。

医学の進歩によって、様々な感染症の原因、感染経路もわかり、昔大量に死者を出した病気なども克服されて言っています。(中世ヨーロッパで大流行したペストなどがいい例です。)しかし、それとは別にエボラ出血熱など、新たな感染症が起こり、被害が起こっているのも現状です。医学の進歩と、感染症の戦い、永遠のテーマなのでしょうね。

鬼怒川が氾濫

クリーナーズ高橋です。

台風18号から変わった低気圧がもたらした大雨により、鬼怒川の堤防が決壊し、このブログを書いている現在、栃木・茨城の一部で浸水被害が出ております。
映像で見る限り、大変な被害が予想されます。

被害が少しでも小さく治まることを祈るばかりです。

私たちの住む大阪や、東京などの大都市では、大雨や強風ですぐに都市機能がマヒしますね。
災害が起こるたび、自然の力の強大さと、文明の脆弱さを思い知ります。

ところで、水害というと、水が引いた後が更に大変です。 大量の河川水等が下水等に流れ込み、溢れた汚水が家屋内、店舗内に流れ込むためです。
屋内に流れ込んだ汚水は、大腸菌、赤痢菌などの病原体を含んでおり、それらが家財・食器類に付着するためです。
これら、胃腸系の感染症を防ぐため、被災者の方々は汚染物の除去と消毒という困難な作業に向き合うことになります。

飲食店を営まれている方々は、特に消毒作業に心身をすり減らすことになるのでしょう。

一日でも早い復旧と、健康を崩される方、命を落とされる方の無い事を願わずにはいられません。

エボラ出血熱

  •   2014年8月9日

●エボラ出血熱

ブログをお読みいただきありがとうございます。 消臭・消毒のクリーナーズのスタッフの横山です 。

西アフリカで、エボラ出血熱の大量感染が起きています。感染は今年2月頃、ギニアから広がり、隣接するシエラレオネとリベリアを含め、死者は3国で900人を超えました。1976年に最初の患者が確認されて以来、最大の被害だそうです。3国と国境を接していないナイジェリアで死者が出たほか、中東のサウジアラビアでも、似た症状の患者が死亡したそうです。

世界保健機関(WHO)は「国際的な公衆衛生上の緊急事態」を宣言し、空港での監視強化や旅行者への情報提供など拡散防止策を取るよう各国に勧告しました。

過去の感染は主に農村部で起きましたが、今回は人口の多い都市部にも及んでいます。外務省はギニアなどの3国を対象に「感染症危険情報」を出し、不要不急の渡航を延期するよう呼びかけています。感染を日本に飛び火させないため、水際での防止が重要になってきます。国内で感染者が出た場合は、指定医療機関に隔離されることになっています。

エボラ出血熱は感染症法では「Ⅰ類感染症」に指定されています。国内に入ってきてしまっては大変なことになりかねません。十分な対策が望まれますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                              消臭・脱臭・消毒のクリーナーズ フリーダイヤル 0120-469-466 お問い合わせ                        ────────────────────────────                              大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12 TEL 06-6774-3333                            東京支社 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F TEL 03-5664-3707                  資格 ・臭気判定士(臭気測定実務従事者)・産業廃棄物収集運搬業許可・古物商許可                 ・建築物ねずみこん虫防除業・医療環境管理士(感染予防対策スペシャリスト)          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

福島県にて馬刺し用生肉からO-157

●福島県にて馬刺し用生肉からO-157

ブログをお読みいただきありがとうございます。 消臭・消毒のクリーナーズのスタッフの横山です 。

福島県は8日、会津美里町の食肉加工場から出荷された馬刺し用の生肉を食べた福島、新潟、山形3県の男女計20人が下痢や腹痛などの症状を訴え、このうち男女11人から腸管出血性大腸菌Oオー157が検出されたと発表しました。

O-157は加熱の不十分な食材から感染し、100個程度という極めて少数の菌で発症し感染症・食中毒をおこします。そのため感染者の便から容易に二次感染が起こります。この菌はベロ毒素を作り出します。ベロ毒素は、大腸の粘膜内に取り込まれたのち、リボゾームを破壊し蛋白質の合成を阻害します。蛋白欠乏状態となった細胞は死滅していくため、感染して2 – 3日後に血便と激しい腹痛(出血性大腸炎)を引き起こします。また、血液中にもベロ毒素が取り込まれるため、血球や腎臓の尿細管細胞を破壊し、溶血性尿毒症症候群急性腎不全溶血性貧血)急性脳症なども起こることがあります。急性脳症は死因となることがあります

お気を付け下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                              消臭・脱臭・消毒のクリーナーズ フリーダイヤル 0120-469-466 お問い合わせ                        ────────────────────────────                              大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12 TEL 06-6774-3333                            東京支社 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F TEL 03-5664-3707                  資格 ・臭気判定士(臭気測定実務従事者)・産業廃棄物収集運搬業許可・古物商許可                 ・建築物ねずみこん虫防除業・医療環境管理士(感染予防対策スペシャリスト)          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

感染症について

●感染症について

ブログをお読みいただきありがとうございます。 消臭・消毒のクリーナーズのスタッフの横山です 。

ギニアで発生していた感染症の正体がエボラ出血熱と判明したそうです。エボラ出血熱に対する治療薬などはまだありません。今のところは、感染の拡大防止くらいしか手がないのが状況でしょうか。

エボラ出血熱は日本ではⅠ類感染症に分類されています。わが国では、感染症はその種類によって、Ⅰ類・Ⅱ類・Ⅲ類・Ⅳ類と分類されています。Ⅰ類にはこのほかに、ペストやクリミア・コンゴ出血熱などの危険な感染症が分類されています。皆さんが日本の中でよく耳にする感染症の大部分は(肝炎や日本脳炎、破傷風など)はⅣ類に分類されています。Ⅰ類に感染することはまずないでしょうが、感染症は危険なものです。皆さんも、お時間あれば少し勉強されてみるのもいいのではないでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                              消臭・脱臭・消毒のクリーナーズ フリーダイヤル 0120-469-466 お問い合わせ                        ────────────────────────────                              大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12 TEL 06-6774-3333                            東京支社 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F TEL 03-5664-3707                  資格 ・臭気判定士(臭気測定実務従事者)・産業廃棄物収集運搬業許可・古物商許可                 ・建築物ねずみこん虫防除業・医療環境管理士(感染予防対策スペシャリスト)          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地震と感染症

●地震と感染症

ブログをお読み頂きありがとうございます。消臭・消毒のクリーナーズのスタッフ横山です。

昨日テレビで、世界で発生した感染症の特番か何かやってましたね。その中から一つ。アメリカのとある場所で感染症が発生しました。その感染症の原因は「真菌」いわゆるカビだということが判明したのですが、その真菌というのが、土中深くに存在し本来地表面において、多くの感染患者をだすものではなっかたのです。そこで、患者さんに色々と聞き取り調査を行った結果、感染者にはある場所にいたという共通点がありました。その地区で地震があり、その際地崩れが起こった場所近辺に皆いたのです。そんな感染の仕方もあるんですね。ちょっと怖いですね。

関西でも先週の13日土曜日の朝に地震ありましたね。この地震で感染症発生ということはないでしょうが、地震の怖さってこんなところにもあるんですね。

地震に関しては、人間の力で防ぎようありませんが、感染症に関していえば、正しい知識を持てば防げるものが多々あります。消毒のことでお困りの場合はご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                              消臭・脱臭・消毒のクリーナーズ フリーダイヤル 0120-469-466 お問い合わせ                        ────────────────────────────                              大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12 TEL 06-6774-3333                            東京支社 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F TEL 03-5664-3707                  資格 ・臭気判定士(臭気測定実務従事者)・産業廃棄物収集運搬業許可・古物商許可                  ・建築物ねずみこん虫防除業・医療環境管理士(感染予防対策スペシャリスト)          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

H7N9型鳥インフルエンザ

●H7N9型鳥インフルエンザ

ブログをお読み頂きありがとうございます。消臭・消毒のクリーナーズのスタッフ横山です。

中国で感染者が広まっているH7N9型鳥インフルエンザ。概要がわかってない分怖いですね。今のところ、ヒト・ヒト感染は無いということらしいですが。。SARSの例もありますが、中国という国はいまいち信用できません。情報をどこまで把握しているのか、情報を隠ぺいしていないのか。また関係各所に適切な指導、情報の伝達・共有を行っているのか。きちんと事態を収束させてほしいものですね。

人の行き来が国境を簡単に越えてしまう時代、ある国で発生した感染症が簡単に別の国に移動してしまいます。パニックを起こさず、適切な対処をとることが重要ですね。

先日、大阪市内で感染症に関するセミナーに参加してきました。グループ討論の時間があり、看護師さんや、介護施設事務員さん、製薬会社MRさん、臨床検査技師さんなど異業種な方と色々意見交換できて、大変有意義な時間が過ごせました。特に看護師さんの話。病院で感染症が広まると大変なんですね。医療従事者であっても、感染症予防の正しい知識の共有を院内全体に広めるのは大変なんですね。

皆さん、正しい予防の知識と消毒の仕方を身に着けることが重要です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                              消臭・脱臭・消毒のクリーナーズ フリーダイヤル 0120-469-466 お問い合わせ                        ────────────────────────────                              大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12 TEL 06-6774-3333                            東京支社 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F TEL 03-5664-3707                  資格 ・臭気判定士(臭気測定実務従事者)・産業廃棄物収集運搬業許可・古物商許可                  ・建築物ねずみこん虫防除業・医療環境管理士(感染予防対策スペシャリスト)          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●俳優金子賢さん、ノロウィルス感染

●俳優金子賢さん、ノロウィルス感染

ブログをお読み頂きありがとうございます。消臭・消毒のクリーナーズのスタッフ横山です。

先日、俳優の金子賢さんがノロウィルスに感染していたというニュースを見かけました。消臭・消毒の会社に勤めていながら、お恥ずかしいのですが・・・・・私もノロウィルスではないのですが、胃腸炎により先週はお休みさせて頂いておりました。

多くの食虫毒が夏場に発生しますが、このノロウィルスは秋から春にかけて流行します。厄介なのはノロウィルスはヒトからヒトに感染するんですね。飲食店であればノロウィルス感染者が料理を調理したりするケース、また介護現場などで、糞便処理の際の手洗い・消毒の不徹底によるケースなどで感染者が増加したりするんですね。また宿泊施設などでは、嘔吐物の処理・消毒が不十分だったため、乾燥した飛沫により空気感染により感染拡大といったケースもあります。

ウィルスというのは目に見えないから、どこに潜んでいるかわかりません。だから怖いんですね。消毒のことでお困りのことがございましたら、クリーナーズまでご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━                             消臭・脱臭・消毒のクリーナーズ フリーダイヤル 0120-469-466 お問い合わせ                        ────────────────────────────                             大阪オフィス 〒543-0042 大阪市天王寺区烏ケ辻1-10-12 TEL 06-6717-2244                            東京支社 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F TEL 03-5664-3707                  資格 ・臭気判定士(臭気測定実務従事者)・産業廃棄物収集運搬業許可・古物商許可                ・建築物ねずみこん虫防除業・医療環境管理士(感染予防対策スペシャリスト)          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪府吹田市でのご遺体の血痕清掃

■ 大阪府吹田市でのご遺体の血痕清掃

ブログお読みいただきありがとうございます。消臭・消毒のクリーナーズスタッフの横山です。
今回は「大阪府吹田市でのご遺体の血痕清掃」についてです。

クリーナーズでは、関西・関東圏でサービス対応地域を展開しております。
先日は、大阪府吹田市でのご遺体の血液清掃を行いました。吹田は万博公園は桜もきれいで今は本当にいい季節ですね。

この吹田で血痕の清掃のご相談があり、駆けつけたのですが、お亡くなりになっていた方のご遺体の周りには、血液が付着していました。
こういった場合、感染症などの恐れがあるため、血液・血痕の殺菌清掃を行う必要があります。

血液清掃は、まず血液を除去し、さらに徹底した消毒を行います。感染症予防を考えなくてはなりません。
それらが完了したら、最後にきれいに清掃して作業完了となります。
亡くなった方の血液や体液などは、決して直接手で触れては感染の危険があるので避けてほしいところですし、触れてはいけません。

消毒作業は、このような感染症などの恐れのある血液に対して、徹底的に行います、その後、血液の除去・現場の清掃を行います。
これは感染症だけでなく、現場の原状回復のためにも完全に行わなくてはならない作業です。

賃貸物件などではお部屋を原状回復リフォームし、再び利用できるようにしなくてはなりません。
マンションが多くなり発見も少し遅れるのは時代の流れでしょうか、また賃貸マンションでは家賃滞納などない限り、大家さんが賃借人さんと
接する機会も少ないものです。さらに分譲マンションでは、身内と疎遠になっていれば発見も数ヶ月死後経過しているケースもあります。

クリーナーズでも様々なケースがありますが、まずは血痕の除去や消毒などメール・フリーダイヤルでご相談ください。
現場調査を元にして作業項目や必要な日程など、ご提案いたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
消臭・脱臭・消毒のクリーナーズ フリーダイヤル 0120-469-466
お問い合わせ
────────────────────────────
本 社 〒544-0021 大阪市生野区勝山南3丁目4番2号
TEL 06-6711-6060(代)
東京支社 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL 03-5664-3707
資格 ・臭気判定士(臭気測定実務従事者)・産業廃棄物収集運搬業許可・古物商許可
・建築物ねずみこん虫防除業・医療環境管理士(感染予防対策スペシャリスト)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都向日市での血痕掃除と肝炎の感染症予防対策

■ 京都向日市での血痕掃除と肝炎の感染症予防対策

ブログお読みいただきありがとうございます。消臭・消毒のクリーナーズスタッフの横山です。
今回は「京都向日市での血痕掃除と肝炎の感染症予防」についてです。

京都・向日市での血痕掃除と感染症予防のために特殊清掃を行ったことがあります。
この時の場合、亡くなった方が感染症を患っていた可能性があったため、スピーディに血痕掃除を行う必要がありました。
血液から感染する感染症もありますから、ご遺族には血痕に触れないようお願いし、現場に到着後すぐに血痕掃除を行いました。

クリーナーズでは、肝炎感染症予防のため血痕掃除を必要とする場合もあります。
感染危険とは周囲近隣住民だけでなく、われわれスタッフも感染の危険があります。
プロですから、感染を防ぎながら素早く血痕掃除を行うことができます。
感染した際には二次被害としてその家族に感染してしまうという危険性もあります。
血痕などが現場に残っている場合、感染症などの可能性がありますから、決して触れずに、ご遺族様だけでどうにかしようとせず、プロにお任せください。

原状回復のために徹底的に現場の清掃を行っているのですが、まさかの際の感染症対策などリスクヘッジも考慮しております。

血痕掃除、消臭、消毒なども確実に行い、賃貸などの場合、また家主様にも満足いただけるようにすることができるまでにいたします。

京都・向日市をはじめ関西・関東圏での血痕掃除にはぜひクリーナーズへご連絡ください。プロ集団が、確実に現場を特殊清掃いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
消臭・脱臭・消毒のクリーナーズ?フリーダイヤル 0120-469-466
お問い合わせ
────────────────────────────
本 社 〒544-0021 大阪市生野区勝山南3丁目4番2号
TEL 06-6711-6060(代)
東京支社 〒107-0062 東京都港区南青山6-11-9 Villa SKビル2F
TEL 03-5664-3707
資格 ・臭気判定士(臭気測定実務従事者)・産業廃棄物収集運搬業許可・古物商許可
・建築物ねずみこん虫防除業・医療環境管理士(感染予防対策スペシャリスト)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━